出会い系サイトやマッチングアプリを使って出会いを見つけたいけど、

「本当に出会えるのか」「婚活に使えるアプリやサイトはどれか」「無料で使いたい」

などなどの疑問や不安があるはずです。

そんな実際使うにあたって疑問や不安に思うであろうことをに答えていき数多くある出会い系サイトやマッチングアプリの中から目的にあったものを紹介していきます。

出会い系サイトとマッチングアプリとの違いは?

出会い系サイトやマッチングアプリは相手を探すという目的は同じですが、少し定義が違っています。

出会い系サイトは遊び相手探しがメイン・マッチングアプリは婚活恋活がメインという点が大きな違いとなっています。

他には料金体系やサクラ・業者などなどの違いもあります。

出会い系サイトの中にはアプリ版を用意しているものもあり、出会い系サイトは出会い系アプリ言うこともあります。

マッチングアプリも同じでサイト(WEB版)もあるものもあるので、マッチングサイトと呼ばれることがあります。

出会い系とマッチング系で違うと考えるのが一般的となっています。

出会い系 マッチング系
目的 遊び相手・パパ活・ママ活 恋人・結婚相手 恋活・婚活
料金 ポイント制 定額制
サクラ・業者 多い 少ない
本人確認 あり(無いのは危険) あり
代表例 ハッピーメール
ワクワクメール
PCMAX
YYC
ペアーズ
Omiai
ゼクシィ縁結び
ユーブライド

出会い系サイトなどは本当に会えるのか?

まず出会い系サイトやマッチングアプリを使って本当に出会えるのかという疑問があるはずです。

出会い系などはこちらから「いいね!」などをして(相手からいいねがくる)、相手からも「いいね!」などがくる(あなたがいいねる)する→メッセージ交換→実際に会うという流れになります。

出会い系に関しては業者などもおり見分ける必要があったりありますが、マッチング系では恋人ができる・結婚まで行く保証はありませんが、実際に会うということはできます。

実際にサイトなどには実際に付き合ったり、結婚したりといった報告が掲載されているので実際に見てみるといいかもしれません。

ただ登録しただけでは相手から「いいね!」などを貰ることはできず、メッセージや実際に会うことはできません。

マッチング系を登録して絶対にやらないといけないのがプロフィール作成です。

写真を登録したり、自己PRを書いたり、詳細設定をしていから相手を探しようにしないと相手にされないことが多いです。

マッチングアプリなどは無料で使えるのか?

多くの出会い系やマッチング系を無料で使えるのは女性で男性は有料となります。

マッチングアプリはプロフィールを見たりするまでは無料ですが、それ以降(メッセージ交換)は課金しないとできません。

出会い系に多いですが完全無料と謳っているものはサクラ業者が多く危険な目に遭うこともあるのでおすすめできません。

男性も無料で探すなら無料でポイントが貰える出会い系サイト、ミッションクリアなどで無料で使えるようになるマッチングアプリを使いましょう。

マッチングアプリで会うまでの流れとは?

使いたいマッチングアプリが決まったら実際に使って相手探しをしていきましょう。

マッチングアプリは使い方は難しくありませんが、実際に会えるまでの流れを簡単に紹介しておきます。

step
1
サイト・アプリに登録


まずしないといけないことはサイトやアプリに登録することです。

登録は無料で行えるので気になるのがあったら全て登録をして相手探しをしましょう。

有料会員に登録するのは気に入った相手とマッチングしてからにしましょう!

電話番号やFaceBookで登録必須?

二重登録などをするユーザー排除のため、基本的にマッチングアプリは電話番号かFaceBookアカウントでの登録が必須です。

簡単に登録できるアプリなどもありますが、そういったアプリ限って業者などが多く出会えにくいアプリとなります。

FaceBookで登録しても知り合いなどにバレないように設定できるようになっているもがほとんどなので身バレも心配ないでしょう。

ちなみに新規登録すると出会い系ならポイント(メッセージ交換やいいねなど)、まっっチング系はいいねポイントが無料で貰えます。

サイト・アプリどちらがいい?

マッチング系でサイト(web版 )・アプリどちらもある場合、そちらを使っても大きな違いはありません。

個人的にはアプリの方がすぐ探すことができるのでおすすめですが、ホーム画面に表示されるのが嫌ならサイトを使って下さい。

ただ出会い系に分類されるももについてはサイト・アプリ両方使うようにしましょう。

理由としては使えるサービスが違ったり、毎日ログインすることで貰えるポイントなどに違いがあります。

出会い系をやらしい使い方をしようとしているならサイトじゃないと、使いこなせないかもしれません。アプリでは健全な利用のためそのような相手を探しにくくなってます。

step
2
プロフィール作成


登録が終わればプロフィールを充実させましょう。相手を探してからでもいいです。

ここを怠ると実際に会える確率が非常に低くなってしまいます。

プロフィールを全く書いていないのにいいねがくるのは、業者やサクラなのでスルーしておきましょう。

プロフィール写真は必須

上記で少し書きましたがプロフィールに顔写真は登録して、計3枚以上は登録しておきましょう。

顔写真は身バレの心配もあるので、特に女性はメッセージ交換したら見せますなど自己紹介欄に書いておくといいでしょう。

男性は身バレを恐れず顔写真(正面・笑顔・清潔感・自撮りNG・加工NG)を登録しておきましょう。あるなしでマッチング率変わります。

顔写真はメインに登録して、サブに全体が分かる写真や友達と撮っている写真(友達にはモザイク加工必須)、趣味の写真、買っている動物なども登録しておくといいでしょう。

どんな自己紹介にするか

まず住所や身長、体重、結婚観、子供欲しいなどのプロフィール項目は全部埋めておきましょう。

そして自己PR分は必ず記入しておきましょう。「○○です。宜しくお願いします。」などの一言ではなく200~300文字程度は最低書くようにしましょう。

自己PRは「基本的に敬語」「軽く挨拶と始めた理由」「仕事内容や休日の過ごし方など」「趣味など」「最後はいいねを誘うようにしめる」をポイント書くといいでしょう。

相手があなたとの共通点を見つけたり、興味を持ってもらえるようにしておきましょう。

後マッチングアプリには趣味や価値観などを選ぶことができるので、興味あることは選んで登録しておくと共通点を見つけやすくなります。

step
3
いいねをしてアピール

女性はプロフィールを作れば相手からいいねを貰えますが男性はがんがんいいねをしないとマッチングしないです。

マッチングアプリでも普段と同じで男性が積極的にいかないダメなんです。

どうやって相手を探す

相手は年齢や職業、年収などから絞って検索することができます。

最初細かく理想に近い相手を検索してもいいかもしれませんが、そういう相手はライバルも多くなりマッチングしにくいです。

何でもいいとは思いませんが、なかなかマッチングしないのであれば条件を緩めないとダメかもしれません。

マッチングアプリのなかには有料会員になると相手がどれだけいいねを貰っているかわかるので、ライバルが少ない相手を選ぶとマッチングしやすいです。

何人に送ってもいいのか

マッチングアプリでいいねをするにはポイントが必要となったりするので送り過ぎのはだめですが複数の相手に同時送信も問題ありません。

出会い系はメッセージ1通でポイント消費となりますが、マッチングアプリは定額制でメッセージは交換し放題となります。

毎日ログインすることでいいねポイントも貰えます。

はっきりいって毎日探して相手が多く変わらないこともあるので、新人さんを検索できるアプリもあるのでそちらを利用するとまだライバルも少なくいいかもしれません。

step
4
メッセージ交換して会う約束

マッチングすればメッセージ交換ができるようになります。

出会い系ならポイントが必要となるので早めにLINEなどの交換した方がいいですが、マッチングアプリはその必要はありません。

マッチングアプリでLINEなどの交換をお願いすると男性は「軽い感じ」など、女性は「業者やサクラ」とあまりいい感じに思われないかもしれません。

メッセージのポイント

使ってみるとマッチングした相手にメッセージ送信しても返ってこないってこと結構あります。

いいねがたくさんくる人(女性が多い)何となくでいいねしていることもあるので返事なしも気にしなくていいです。

せっかくメッセージ帰ってきたけど続かないってことを感じている人もいるかもしれません。

メッセージのポイント①文章量・送る間隔・言葉遣いは相手に合わせる②適度に褒める③基本的に質問で終わる③言葉遣いは最初は敬語・徐々にフランクにしてみるを意識するといいでしょう。

デートに誘うには

メッセージを重ねていいなって思ったらデートに誘ってみましょう。

あまりダラダラメッセージだけを交換してても飽きられて返信もこなくなるので7~10ターン位かなと思います。

自己PRにしたいデートプラン(美味しい店知ってるので一緒にいけたらなど)と書いておけば誘いやすかもしれません。

相手次第ではいきなり夜ではなくランチからなどがいい人もいます。自己PRなども良く読んで誘うようにしましょう。

無料で使えるマッチングアプリ

  • tinder
  • タップル

Tinder(ティンダー)


ティンダーは女性だけではなく、男性も無料でメッセージ交換できるマッチングアプリです。

海外生まれのマッチングアプリで海外でも使われており、累計マッチング数は300億と桁違いに多くなっています。

ティンダーは使い方も簡単で相手のプロフィールを見て好き(LIKE)嫌い(NOPE)を選ぶだけとなっています。好き嫌いを選ばないと次の相手をチェックすることはできません。

LIKEした相手にあなたがしたことは伝わりません。相手もあなたにLIKEしてマッチングすることになります。ちなみにあなたが何件LIKEされているかはわかります。

そのためできるだけ多くの女性にLIKEをしてマッチングさせることがポイントになります。LIKEは120回/12時間できます。

ティンダーには有料プランがあり、有料会員は誰がLIKEをくれたのかわかるようになるのでマッチングしやすくなります。

ティンダーは軽めの出会いに向いており、外人とも出会える特別なマッチングアプリとなっています。

タップル


タップルは男性でも無料で使うことが可能なマッチングアプリでおすすめです。

男性が無料使う方法はミッションをクリアすることです。

ミッションとは無料の会員登録やクレジットカードを発行などで、内容によって無料期間は変ります。

なので男性は事前に複数の女性とマッチングをしておき、それからミッションクリアして無料でメッセージ交換しましょう。

タップルは趣味をきっかけに繋がるをコンセプトにしており、年齢層は20代が中心となっています。

趣味から探すというコンセプトなので、趣味友探しから恋人探しに向いているマッチングアプリとなっています。

使い方は表示されている相手をいいかも・イマイチで選んでいくシステムでお互いいいかもでメッセージ交換できます。

タップルでいいかもやイマイチをするにはカードが必要となり、カード1枚でいいかもができるようになっています。

カードは毎日ログインしたり、チャンスタイムを利用することで貯めることができます。

条件を満たせば男性も無料で使え、使い方もシンプルで運営会社も大手のタップルはおすすめです。

おすすめ婚活マッチングアプリ

  • ゼクシィ縁結び
  • マリッシュ
  • ブライダルネット

ゼクシィ縁結び

「プロポーズされたらゼクシィ」というCMでお馴染みのゼクシィが運営するマッチングアプリがゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結びは「価値観を大事にしたお相手探し」「あなたの好みを学習して検索」「コンシェルジュによりデート調整」など理想の相手上手に出会え便利な機能があります。

18の質問から価値観を診断を無料で受けられ、それにより価値観タイプや相性がわかり毎日4人の相手を紹介してくれます。

またあなたの検索や活動から好みを学習するのでゼクシィ縁結びを使えば使うほどぴったりな相手を紹介できるようになります。

マッチングした相手と「お見合いオファー」で気持ちが通じたら、コンシェルジュが日程を調整して初デートに最適な場所などを紹介してくれます。また個人の連絡先を交換しなくてもデートできて安心です。

ゼクシィ縁結びの会員の80%は6ヶ月に以内に出会えて、実際に多くのカップルが結婚までしています。

真剣な婚活ならまずゼクシィ縁結びを使ってみることをおすすめします。

マリッシュ


マリッシュは累計マッチング数が200万件突破している婚活向けのマッチングアプリです。

特に再婚やシンママ、シンパパは優遇されており、ポイント増量などので特典が用意されています。

再婚などにも力を入れているマリッシュは年齢層は男女ともに40代が多く、続いて30代となっているのが特長です。

詳しい年齢層についてはTwitterアカウント「Marrish(マリッシュ)広報kaori」さんがツイートしてるんで確認して下さい。

マリッシュは連絡先交換をしなくてもマリッシュ内で通話ができるので相手の雰囲気をしることができます。また声を録音してアピールできる声プロフという機能があります。

平均3ヶ月半でカップルができているマリッシュで真剣な婚活をしてみてはいかがでしょう。

ブライダルネット

ブライダルネットは婚活業界最大手のIBJが運営する婚活アプリとなっています。

まずブライダルネットは男女ともに有料となっており、真剣な出会いを求める男女が集まっています。

会員の年齢層は男性30代が多く、女性は20代後半~30代前半が多くなっています。またブライダルネットの年間推定成婚数は638人と実績も十分となっています。参照はこちら

ブライダルネットでは7つの機能(お相手検索・コミュニティ・日記・価値観チェック・条件マッチ・婚シェル紹介・価値観マッチ)から相手を探せます。

またメッセージやプロフィールの書き方に困った時は婚活のプロ「婚シェル」からアドバイスやサポートを受けることができます。

さらにお相手のアプローチに制限がないので気になるアプローチし放題、デートの日程調整サポートもあります。

IBJは一部上場企業で安全面もしっかりしており安心して利用することもできます。

おすすめ婚活マッチングアプリ

  • ペアーズ
  • Omiai
  • with

Pairs(ペアーズ)


ペアーズはマッチングアプリのパイオニア的な存在で会員数も1000万人突破と国内最大級です。

恋活婚活目的としている人が多いですが、遊び相手を探しているような若い層も結構登録しています。

年齢層は20代~30代前半を中心としており、登録者の割合は男性が多く、6:4~7:3となっているようです。

ペアーズは基本的に女性無料、男性は有料会員にならないとメッセージ交換はできないようになっています。

ペアーズが1000万人もの人に選ばれている理由は「豊富な検索機能」「コミュニティ機能」です。

年齢、居住地、身長、職業など基本的なことから、結婚への意思、お酒、タバコといった細かい項目まで設定できるので、理想の相手を見つけいやすいです。

そしてコミュニティ機能で共通の趣味や興味、価値観から相手を探せます。コミュニティの数は100,000もあり、共通点で繋がるためにも利用していきましょう。

その結果毎日約8000人がペアーズに登録していおり、出会える相手の数も増えているので理想の相手もきっと見つかるでしょう。

Omiai(オミアイ)


オミアイは会員数が400万人突破しているマッチングアプリとしては規模が大きいマッチングアプリです。

女優のんさんがOmiaiアンバサダーとして就任しており、一部上場企業「(株)ネットマーケティング」が運営しており安全性も問題ありません。

オミアイは男性はメッセージ交換は有料、女性は基本的に無料となっています。

メインユーザは20代~30代前半となっていますが、30代後半以降の人でも十分出会えるチャンスはあります。

恋活婚活を真面目に行っている人が多く、遊び相手を探すといったことにはむいていません。

お互いがいいねをしあえばマッチングとなりメッセージ交換できるシンプルで非常に使いやすくなっています。

毎ログインすると本日のPickupメンバーを紹介してくれて、いいねポイントを消費せずいいねができまます。

検索条件も細かく設定できるようになっているので、お見合いなら理想の相手を見つけることができるのではないでしょうか。

with(ウィズ)

withは若い女性を中心に今人気のあるマッチングアプリです。

男性登録者が多いアプリが多い中、withは男女比が半々となっているので男性にはチャンスが多いと言えます。

また登録者の年齢層は若い人が多く、男女ともに20代が60%~70%となっています。

withの一番の特長はメンタリストDiaGo監修の心理テストイベントがありそれを無料で受けることができ、心理学的サポートがあります。

心理学的に会う相手を紹介してくれ、相性のいい相手10人/日へのいいねが無料となります。女性は心理テスト好きですから多いのかもしれません。

また「映画好き」「お酒好き」などの好みカードが1万枚以上あり、同じ趣味の相手を探すことができます。

毎週2万人以上は新しく登録しているwithは、若い者同士、若い相手が良いといった人におすすめです。

おすすめ遊び相手探し出会い系サイト

  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • PCMAX

© 2020 出会い系アプリでマッチング・婚活はおすすめできるのか?無料サイトも全て解説します!